生前整理

CASE 1 迷惑をかけないために

「残る人に迷惑をかけないように整理しておきたい」という気持ちから、生前整理を行う方が増えています。

遠方にいる家族にはなかなか相談ができなかったり、一緒に暮らす家族であっても話しにくいことはあるものです。

身寄りがない場合、もしもの時にご近所さまやお部屋の管理人さまに迷惑をかけてしまう心配があります。

また、整理したい気持ちがあっても、体力的な不安や、ご病気などの理由で、ご自身で行えない方も多くいらっしゃいます。

もしもの時のことを考えることに、精神的な負担を感じる方も少なくありません。

当組合では、体力的な問題の解決はもちろん、明るい気持ちで生前整理が行えるようサポートいたします。

「整理をかねた、大掃除」と、ぜひ気軽な気持ちでご相談ください。
生前整理のイメージ画像

CASE 2 環境の変化をきっかけに

環境や心境の変化をきっかけに、生前整理のご相談いただくことも多くございます。

・ご病気が見つかった、入院することになった
・福祉施設に入居することになった
・お子様の独り立ちで、一人暮らしになった

環境の変化には不安がつきものです。
新たな生活のスタートを、前向きに迎えられますよう、当組合がお手伝いいたします。

また、入院などで自宅が空き家状態になると、思わぬトラブルが起きてしまうことがあります。
当組合では「空き家管理」サービスも承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
生前整理のイメージ画像

CASE 3 自分の意思で整理するために

「これは誰に残す」「これはどこに寄贈する」など、ご自身で遺品の行方を決めていただきながら、生前整理を行います。

依頼者さまに万が一のことがあれば、生前整理時のご意向に沿って、ご遺族様と遺品整理を進めていきます。

遺品や財産について、改まって家族と話し合うことができないご事情を抱えている方は少なくありません。

第三者である遺品整理業者に委託することで、円滑に生前整理が行える場合もございますので、ぜひ一度ご相談ください。

もしもの際に残された方が困ることがないよう、依頼者さまのご意向に沿った対応をお約束いたします。
生前整理のイメージ画像

生前整理と業者の役割

生前整理は、ご自身で行うことが当たり前でしょうか。

専門業者であれば、処分の仕方がわからないものも適切に処理できますし、処分品の中から実は価値があるものに気付くことができます。
「どう整理するのが一般的か」「どのように整理すればいざという時困らないのか」などのご相談を承ることもできます。
ご自身で行う場合も経験豊富なプロが一緒であれば、整理時の危険を回避したり、整理後にお身体に響かないよう、適切な判断をして進めることができます。
生前整理は、今の生活をより明るく、安心して過ごすための手段です。
ご希望の方にはエンディングノートを無料で差し上げておりますので、ぜひご活用ください。

ご依頼・ご相談

無料お見積もり